家を売るなら

家を売るならまず、不動産屋の営業さんに査定をしてもらうのが第一歩です。
訪問査定の前に、ネットで査定をお願いできるサイトもあります。
クリックして査定額が出たとほぼ同時に、不動産屋にその情報が行くようになっています。
おそらく、数分もしないうちに何社かから電話がかかってくると思います。

一度に数社にアプローチできるという意味では、最も手っ取り早いやり方と言えます。
住み替えのために家を売る手引き書|ローンが残っていても売却できる?
しかし、このやり方、不動産屋サイドからしてみれば、顧客として結びつく場合ばかりではないんです。
冷やかしで情報を入力している人もいます。
ただ単に、査定額を知りたかっただけ、という人もいるんです。

ネットなので、相手の顔が見えません。
中には、高校生がやっている場合もあります。
なので、ネットで査定を頼んで金額が出ても、実際にやり取りがスタートするのは電話で会話をした後からということになります。
営業の人から何件か電話がかかってくると思いますが、出るかどうかは自由です。

家を売るために、話を前向きに進めたいのであれば、電話に出るほうがいいです。
ネットで出る査定額は、家の場所と規模、築年数だけを単純に計算して出しています。
実物を見てみないと、減額も上乗せもできません。
実際に家を見てもらって査定額が出てから、納得できなければ断るということでもいいのです。