管理費が払えなければ任意売却を考えましょう

マンション等の住宅ローン返済が滞っている方の中には、管理費だけは無理をしてでも払うという方がいます。そこには、例えばマンションの理事長等の職に就いているために、自分の体面やプライドを守るため、と言った背景があります。
任意売却を申し出た場合、マンションの延滞管理費や修繕積立費は、任意売却した時の代金の中から工面することができます。現在、ほとんどの住宅ローン信用保証等の債権者はほとんどがこの方法を適用できます。
マンションに住めば、どうしても毎月、管理費や修繕積立費を支払わなくてなりません。しかしけっこうな支出となりますから、これを支払うと肝心の住宅ローンが支払えないと言った問題が出てくる家庭もあります。生活に困り、これ以上の支払いが困難な場合、任意売却を検討するべきです。滞納管理費を費用控除してくれる住宅金融支援機構もあります。例外として、滞納してしまったは支払い対象の中には義務が残る場合もあります。任意売却した時の代金から支払えるのは、管理費や修繕積立費の元本だけで、延滞した損害金はその対象にならないと定めている債権者もあります。加えて、駐車場や駐輪場、町会費等も対象になりませんから、任意売却をするしないにかかわらず、必ず支払わなくてはいけません。
【参照】http://www.cpdrhu.org/