グリーンスムージー&『飲むビフィズス』の特徴と効果

化粧品メーカーの「ポーラ」の製造する「ビフィズス菌のちから 飲むビフィズス」は、ビフィズス菌と乳酸菌を効率的に摂取して腸内環境を整えてくれるサプリメントです。

腸内に多数存在するウェルシュ菌に代表される悪玉菌は、腸内の食べ物を腐敗させて、発ガン物質などの有害物質を生成します。
有害物質が血流に乗って全身の細胞に運ばれると、病気や肌荒れ、老化の促進といった、美容と健康を損ねる様々な問題を引き起こします。
こうした悪玉菌の悪さを食い止めるのが、ビフィズス菌を初めとした善玉菌です。

しかし、人間の体内のビフィズス菌の割合は、乳児期をピークに減少を続け、成人を迎えるころには腸内細菌全体の約10%程度になるといわれています。
また、ビフィズス菌はストレスや生活習慣の乱れなどの影響で減少しやすいので、悪玉菌の増殖を抑制して善玉菌優位の腸内環境を維持するには、定期的にビフィズス菌を補給し続けることが大切です。

ポーラの「飲むビフィズス」は、口溶けのよい顆粒タイプのサプリメント1日1包で、人間の体に適合しやすいロンガム種(40億個)、ブレーべ種(10億個)、インファンティス種(10億個)の3種類の生きたビフィズス菌と、善玉菌が住みやすい環境を作る乳酸菌とミルクオリゴ糖をバランスよく摂取できます。
美容のために腸内環境を整えたい女性の方はもちろん、腸内環境を整えて健康にいきいきと生活したい男性の方にもおすすめです。
グリーンスムージー 粉末との相性もいいですね。