日取りを気にしない引っ越しの良さ

引っ越しにも適した日取りと避けた方が良い日があるようですが、私は一切気にせずに引っ越しをしています。

ここ数年のうちで3回引っ越していますが、どれも自分の都合と引っ越し業者の都合でしか判断していません。

最近は冠婚葬祭も日取りを気にしない人が増えていますし、今まで気にされていた仏滅、大安などの六曜の意味自体が実は違うと言われるようにもなっています。

そして私の引っ越しの際の判断基準ですが、安くしてもらえる条件として日時を業者側にお任せするとお得になるというところにお願いをしています。

そのため、日取りとしては悪いと言われているお盆の最中に引っ越したこともあります。

日取りを気にする人が多い中であいている日を選ぼうと思えば自然と悪いとされている日に当たることになりますし、気にしていたらいつまでも引っ越しなんて出来ないと思うほど業者との日程調整が大変な時もあります。

また経験上そういう引っ越しの仕方をしているからといって特別悪いこともなく、平穏無事に生活しています。

縁起の良い日を、と日取りを選ぶのは悪いことではないと思います。

その分より気持ちよく引っ越し先での生活がスタートできるでしょう。

しかし全く気にしない人も世の中にはいるのです。

結婚した場合のカードローンの扱い方

生活費や娯楽費、交際費など色々な物事に使用可能なお金を借りたい時はカードローンという手段があります。
自身の貯蓄や給料と同じような使えるお金なので、どうしてもという状況では非常に頼れるサービスです。
カードローンでお金を借りるためには申し込みを行って審査を受け、クリアする必要があります。
審査をクリアする上で重要な条件となるのが収入があるかどうかです。
収入を得ているのであれば返済するお金はあると判断できるため、審査をクリアできる確率は高くなります。
カードローンの審査を通過して使用する際、結婚をした場合は手続きが必要な場合とそうではない場合があります。
結婚した際に氏名の変更がなく、仕事を継続している場合は何も変更する必要はないです。
一方で、結婚によって氏名が変わったり、退職したりなどの場合は手続きが必要となります。
なぜなら、カードローンの申し込み時の情報と異なる部分があるからです。
退職したとしても、パートナーに十分な収入があれば引き続き利用できる可能性はあります。
また、退職せずに同じ職場で勤務を継続する際は、氏名の変更を届け出るだけの手続きで終了します。
多少の手間はかかりますが、カードローンでお金を借りている以上は必要な手続きなので実施することが大切です。